ニュース

八千代公共育成牧場で桜の植樹を行いました

 令和4年4月22日、帯広市農政部の職員と栗林建設㈱、東光舗道㈱の役職員25名で桜の苗木100本(エゾ山桜)の植樹を行いました。

 八千代公共牧場周辺に建設現場があったことから、より魅力的な観光地にしたいと牧場敷地内にこれまで950本を植えました。植樹を始めてから12年が経ちまして、これからも八千代牧場が魅力的な観光地として存続していくための取組みとして継続してまいります。